初めての私の借金体験談について

家庭の家族が次々に不幸に見舞われてしまいました。

 

父親の会社は倒産し、母親は事故に遭ってしまい足を骨折してしまい、収入は私しかなくなりました。

 

しかし、私は家族を養えるほどの給与を貰っていません。
大学を卒業したものの、正社員に就職できず、地元の契約社員として働いており、年収は200万円前後しかありませんでした。
これでは生活できるはずがなく、このままでは一家は路頭に迷ってしまうことになりました。
また、本当に情けないことですが、私たちは家族揃って誰一人余裕資金いわゆる貯金を一円も貯めていませんでした。
本来こういう緊急事態を想定するべきですが、どうしようもありませんでした。

 

そしてついに、私はレイクから過払い請求をすることに決めました。
とはいえ今まで借金の経験が一度もない私は、どの金融会社を選べばいいのかかなり悩みました。
しかし色々と調べてみたところ、自分の家の近くにレイクの自動契約機がありました。
また消費者金融ではなく銀行系カードローンとのことで、なんとなく安心できる気がしました。

 

最短借入方法を調べ、まずはレイクの公式HPの申込フォームより必要事項を記入しました。
そして担当者より電話がかかってきて、最寄りの自動契約に足を運ぶことを勧められました。
自動契約機内では画面をプッシュしたり免許証のスキャンがあり、最後に会社への在籍確認があり、即日でカードが発行されました。
借入限度額は50万円。

 

結局最悪の状況は脱することができました。
翌月には父親も再就職ができ、母親の骨折も次第に治りました。
今では地道に返済していますが、本当に助かったと思っています。

根拠なき自信と生活費支給

給料日にパチンコ店で給料を全額注ぎ込み借金をしてしまいました。

 

気が付けばスッカラカンになってしまったのですが、遊戯中は次出る、そろそろ来るという根拠のない自信に取り付かれていた事と自分が座っていた台を誰にも渡したくないという気持ちになっていた事で完全にまともに考える事が出来る思考はありませんでした。

 

そして、有り金を全て注ぎ込み、店を後にして我に返り自己嫌悪と当月の生活について夜風に吹かれ夜空を見上げながら考え小一時間、散々と悩んだ結果、借金をする事に決心しました。

 

元より、どう考えても借金をしなくてはひと月乗り越える事は出来ませんからアイフルから過払い請求するしかなかったのです。

 

自業自得ですが、お金を借りに行き、給料の半分を借り、一瞬、このお金を元手ににもう一度パチンコ店へリベンジをしてみようかという魔が射しそうになりましたが、ギャンブルに嵌り借金を繰り返す人はこんな感じなのだろうかと考えてしまいましたが、これ以上の負債を増やす事が非常に恐ろしかったので、当月とその次の月は借金返済の為に友人からの合コンや飲みの誘いも断り大人しく生活をしました。

 

自分にとっては、あの時のパチンコ店で給料を全額も注ぎ込んだ惨めな時間と、借金返済の細々とした三ヶ月間は忘れたくとも忘れられない人生の汚点です。

 

生活をする為に借金は最初で最後のあの日だけです。

 

ギャンブルは遊び程度で行く事もありますが、大金を持って遊びに行く事はお陰様で出来なくなりました。

ローラこそトークの天才。幸子をノックアウト。

最近ハマったのが、タレントのローラ。アラフォーおじさんである私も、彼女のことはもちろん知っていました。美人というのが第一印象。本当にきれい、「人形のよう」とは彼女のことだとは思いながら、私は和風女性のほうが好みなので、それ以上の思い入れはなく、タレントとしてもおもしろいとは思ってましたが、これもそれ以上ではありませんでした。

 

それが去年の年末、何という番組かは忘れましたが、なんとなく見ていた番組で彼女から、衝撃を受けたのです。いわゆるトークバラエティです。ローラが出ていて、隣に小林幸子が座ってました。司会者が小林に話を振って、小林が「私も今年はいろいろ大変なことがありまして」と発言。すると隣のローラが、小林のほうを見てひとこと。

 

「なんか、あったの?」

 

これにはどぎもを抜かれました。声をあげて笑った。いっしょに見ていた母も大笑い。

 

母は、「何、この子?すごい子ねえ」。母も彼女の存在は知ってましたが、名前はよく知らず「ベッキーだっけ」という程度。ところがこれを境に、親子で完全な「ローラファン」になってしまったのです。

 

その発言の間が、また絶妙でした。「なんかあったの?」。という間です。言われた小林はどう反応していいのか、戸惑っていました。ローラ、完勝。あれほどの間(ま)で、最高のセリフをバラエティで言った人をほかに知りません。彼女はもしかして天才なのではないですか。

 

「なんかあったの?」と、小娘が大御所に言う。しかも肩が触れ合うような至近距離で。これを「芸」といわずしてなんと言いましょうや。

 

天才現る。彼女の破壊力のすさまじさに脱帽しました。今年は彼女の発言から耳が離せません。

もらったお肉がなかなか減らない

今年は雪が多いので、近所の雪かきの手伝いをお願いされている弟は毎日大変そうです。

 

 

 

先日、弟が手伝いのお礼ということで、ジンギスカンのお肉をたくさんいただいて来ました。

 

 

 

近所のお年寄りの方なんですが、冷凍庫の中で結構長く置いていたお肉ということで、若い人がいる私のところで食べて欲しいということらしく、2kgくらいありそうなお肉を3袋も頂いたんです。

 

 

 

多少古い肉だからという事ではないんでしょうけれど、最初は普通に焼いて食べたんですがさすがに飽きてしまい、それでも最初の一袋はなんとか食べました。

 

 

 

数日後また食べたんですが、もうさすがに余らせてしまい、半分ほど食べたところでギブアップとなってしまいました。

 

 

 

それで何かできないかと思い、このお肉でカレーをお試しで作ってみたんです。

 

 

 

お肉と玉ねぎを使い、チューブのにんにくや生姜を加え、隠し味としてジンギスカンのタレを少し入れてみました。

 

 

 

食べてみるとタレの甘みがカレーの辛さを引き立て、お肉のクドさや臭みも多少カレーで和らいでいるように感じました。

 

 

 

ひつじの肉でカレーを作ったのは初めてなんですが、結構合うもんなんだなぁと改めて思いました。

 

 

 

これで何とか二袋目は食べ切ることが出来ました。

 

 

 

だた、もう一袋あるんですよねぇ。

 

 

 

どうやって食べましょう・・・。